良縁成就(縁結び)・財運吉祥 | やくよけ祖師 本山 堀之内妙法寺

日蓮宗 本山 やくよけ祖師 堀之内 妙法寺

 
 

祈願きがん

良縁成就 ・ 財運吉祥

毎月二十三日の夜、月待ちをすれば願い事が叶うとされ、多くの人から拝まれてきました。 これは「二十三夜尊信仰」といわれており、妙法寺では第十八世亨壽院日観上人の頃から始まりました。 二十三夜さまは、正しくは「二十三夜尊大月天子」といい、月が神格化されたもので、元来インドのバラモン教の神でしたが仏教にとり入れられ、仏教の守護神となりました。

二十三堂は、明治11年(1878)に建立されたものですが、木造骨組の外側に切石を積み上げ、屋根は一文字葺の銅板葺きという他に類をみない造りでした。

正面には、「二十三夜尊大月天子」の立像の他に「なで石」が御奉安されています。白蛇がとぐろを巻いたような「なで石」に触れると、御利益があるとされています。二十三日にお参りする際には、卵をお供えするという慣わしが続いています。

毎月23日の二十三夜尊御縁日には、「二十三夜堂」が開かれ、二十三夜様の御祈願を受け付けています。 10月23日には、二十三夜尊大祭を行っております。 また、祖師堂には、二十三夜様の掛け軸をお祀りしており、縁結び・財運を願う人々がお参りに訪れています。

ご相談は、毎月23日のみ二十三夜堂で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

お 札

おふだ

二十三夜尊札

二十三夜尊札

御 守

おまもり

二十三夜尊御守

二十三夜尊御守

なで石御守

なで石御守

絵馬

えま

二十三夜尊

二十三夜尊